| top |地酒・光秀光秀年表光秀55の物語戦乱の世に消えた明智城光秀=天海説大河ドラマ光秀の本水色桔梗店主・林則夫

日本歴史人物事典に見る明智光秀
「日本歴史人物事典」
朝日新聞社
平成六年発行


明智光秀:亨禄1年(1528)?〜天正10年6月13日(1582年7月12日)
安土・桃山時代の武将。美濃土岐氏の氏族というが不詳。美濃明智庄の出身でこの姓をとなえ通称十兵衛。はじめ越前の朝倉義景に仕え、義景に頼った足利義昭と共に、織田信長のもとに赴き、義昭に仕えた細川藤孝と共に入京を工作して名をあらわした。従って信長の家臣であると同時に義昭にも奉仕した。
永禄11(1568)年の信長入京に当たっても義昭のため公家側に働きかけ、翌12年には木下籐吉郎(豊臣秀吉)、丹羽長秀らと軍政に能力を示し、公家寺社領土置や庶政にも携わった。信長と義昭対立のときも両者の間に立って斡旋した。
元亀1(1570)年信長の摂津、近江の出陣に従い、同2年近江滋賀郡を領して坂本築城を始め、同3年浅井氏の小谷城の包囲に参加。
天正1(1573)年越前朝倉氏攻略にも加わり同国の庶政も担当、同2年大和多聞山城を守備、美濃、河内に転戦、同3年8月功により九州の名族惟任(これとう)姓と日向守(ひゅうがのかみ)姓を与えられた。
信長の統一過程が西に向かうと、丹波攻略の先蜂となり、多紀郡八上城に波多野秀治を攻め、さらに紀州雑賀の一向一揆に対して、大和信貴山城に松永久秀を滅ぼし、再び丹波八上城を攻め、その間秀吉を救援して播磨に出陣して神吉城を陥れ、ひるがえって八上城波多野秀治を降し、丹波攻略を完成、一国支配を認められた。
天正8年は4月備中の秀吉を助け、9月大和の滝川一益に協力し大和寺社本所の所領差出を命じ、9年8月因幡鳥取城攻撃にも秀吉を援け、丹後の検地を断行、10年甲州の武田勝頼攻撃に従う。4月安土に帰陣すると、徳川家康の饗応役を命ぜられたが、その直前に備中高松城包囲に救援に向かうこととなった。
光秀の東奔西走を顧みない信長に強く反発、一旦本拠坂本城に戻り亀山城(亀岡)に入り、ここで愛宕山に詣り謀反を決意した。同年6月1日備中出陣の名目で1万3千の軍兵を率い亀山城を発して、老ノ坂で天下取りを表明、本能寺を急襲、信長を自刃せしめ、二条御所に信忠も自滅させた(本能寺の変)。直ちに人心収攪の手を打ったが、機敏な秀吉の反転を6月13日山崎に迎えて敗れ、一旦勝竜寺城に入り再起を期して坂本に向かう途、小栗栖で土民の襲撃によって自刃。法名秀岳崇光

Click Here!

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO