明智光秀に関する書籍
光秀三女玉子(細川ガラシャ)に関する書籍
光秀の妻熈子と信長の妻濃姫に関する書籍


楽天ブックス

| top |地酒・光秀光秀年表光秀55の物語戦乱の世に消えた明智城光秀=天海説大河ドラマ光秀の本水色桔梗店主・林則夫

明智光秀に関する書籍
明智光秀(上) 美濃の名門・土岐源氏支流の明智氏。戦国の梟雄・斎藤道三の盟友として信頼厚かったが道三と共に一族は滅亡、残された若き嫡男・光秀に明智家の再興が託されたのだった…。歴史上の敗者ゆえに正史から抹殺され、謎とされてきた光秀の前半生の真実に迫る。
明智光秀(中) 諸国流浪の果てに越前朝倉氏に仕えた光秀は、時代の奔流の中で織田信長の客将となり、その天下取りの一翼を担うようになった。光秀が理想とする平和な世は近づいたのだろうか…。戦乱の時代にありながら天下万民の幸福を心から願った慈悲深い武将を全く新しい視点から活写する。
明智光秀(下) 比叡山を焼討にし、一向一揆勢を鏖殺し、天皇の地位をも越えようとしはじめた独裁者・信長。その矛先はやがて光秀にも向けられた…。国家と国民を「信長の狂気」による破滅から救った救国的英雄・光秀蹶起の真相を、綿密な史料調査と大胆な発想、雄渾の筆致で描く注目の巨編。
明智光秀つくられた「謀反人」 信長家臣団のナンバーワンの座を秀吉と競い合い、つねに良きライバルであった光秀。本来ならば名将として歴史に名を刻むべき光秀が、日本史上最悪の「主殺し」「叛臣」の烙印を押されたのはなぜか。丹念な史料検証を通して、「金ヶ崎退き口」の真相や「本能寺の変」などの謎を解明し、いままでに知られていなかった新たな光秀像を描く。『石田三成』に続き、敗者の実像に迫る力作評伝の第二弾。

【目次】
第1章 「歴史以前」の光秀/第2章 信長に仕える光秀/第3章 坂本城主への抜擢/第4章 光秀と丹波経略と「近畿管領」/第5章 本能寺の変直前の光秀/第6章 光秀謀反の原因は何か/第7章 山崎の戦いと光秀の死
明智光秀ゆかりの地を訪ねて 謎の多い出生地を含めた前半生から、数多い首塚・供養塔まで悲運の武将明智光秀とその一族ゆかりの地を、史実にそって文と写真で約60か所をまとめて紹介した初めての本。
【目次】
明智(長山)城址/明智城址/白山神社/土岐氏一日市場館跡/称念寺(芭蕉句碑)/明智神社/岐阜城/一乗谷朝倉館跡/立政寺/旧二条城址〔ほか〕
明智光秀本能寺の変
明智光秀本能寺の変
自分の城を追われ、放浪の旅をつづけながら、武芸と学問をおさめた明智光秀は、織田信長につかえた。光秀が、なぜ主君信長を本能寺におそったか、そのなぞの一生を描く。

【目次】
1 山道をいく落人たち/2 京の暗殺者/3 のぞみはとげたが/4 坂本城の城主/5 中国地方への遠征/6 むごい主命/7 決戦天王山
織田信長と明智光秀
織田信長と明智光秀
織田信長と明智光秀。ともに卓越した手腕をもって“天下人”となったにもかかわらず、後年、信長は輝かしい業績を讃えられ、かたや光秀は“主殺し”の悪名を歴史に刻んでいる。いったい何が信長と光秀を分けへだてたのか?この二人の英傑の歴史ドラマから、新興組織の問題点、人材のバランス、上司と部下の意思疎通、目的意識の分散といった、今日の社会にも当てはまる不朽の法則を明らかにする。

【目次】
第1章 信長の原点―事業承継/第2章 尾張統一戦争/第3章 桶狭間の合戦から美濃併合まで/第4章 天下布武の戦い/第5章 天下統一戦争/第6章 信長の国際戦略/終章 歴史組織学よりみた織田信長
明智光秀鬼退治の深層を読む
明智光秀鬼退治の深層を読む
「本能寺の変」は鬼神・信長から天皇家を護るための戦いであった!歴史の「オートシステム(天皇制の維持)」を見定めて書かれた、まったく新しい視点の論考、天皇家と光秀一族との関係を古代史から考える。

【目次】
第1章 清和源氏と息長氏/第2章 土岐源氏/第3章 土岐明智氏/第4章 光秀の生い立ち/第5章 若狭・越前の時代/第6章 信長と光秀:第7章 反信長包囲網のなかで/第8章 丹波攻め/第9章 鬼神信長/第10章 敵は本能寺
明智光秀転生逆賊から江戸幕府黒幕へ
明智光秀転生逆賊から江戸幕府黒幕へ
信長に叛いた戦国随一の知将「三日天下」の後の足跡。謀略渦巻く本能寺の変の真相と、敗将から転生して徳川幕府の黒幕・天海大僧正となり、争乱のない天下の実現をめざして勢威を振るった人物の生涯を追う。

【目次】
謀叛/孤軍奮闘/落武者/山岳修験者/秀吉の狙いは豊臣の天下/再会と別れの哀しさ/天下分け目の戦/天海追い落とし騒動/波瀾の幕開け/大御所側近と将軍側近の暗闘〔ほか〕
光秀三女玉子(細川ガラシャ)に関する書籍
細川ガラシャ夫人(上巻) 明智光秀の娘として何不自由なく育てられた玉子は、16になった時、織田信長の命令で細川忠興のもとに嫁ぐこととなった。女性が男性の所有物でしかなく、政略の道具として使われた時代に、玉子は真の人間らしい生き方を求めて行く…。実の親子も殺し合う戦国の世にあって、愛と信仰に殉じた細川ガラシャ夫人。その清らかにして熾烈な悲劇の生涯を浮き彫りにした著者初の歴史小説。
細川ガラシャ夫人(下巻) 暴君信長のむごい仕打ちに耐えかね、ついに明智光秀は織田家に叛旗をひるがえした。しかしその天下はあまりにも短く、玉子は逆臣の娘として苦難の日々を過ごすことになった。父母一族は亡び、夫や子とも引き裂かれた玉子は、秀吉のキリシタン弾圧の中、洗礼を受けることを決意する…。強者の論理が支配する時代に、命をかけて信念を貫いた細川ガラシャの生涯を描く感動の歴史ロマン。
細川ガラシャのすべて 細川ガラシャはなぜ、キリスト教に殉じたのか。壮絶なる悲劇の生涯。

【目次】
細川ガラシャとその時代/細川ガラシャの出自と系譜/細川ガラシャと秀吉/細川ガラシャと光秀/細川ガラシャと忠興/細川ガラシャはなぜ入信したのか/宣教師は異国で、なぜ大名やその子女を入信させることができたのか/細川ガラシャの死がもたらした信長への衝撃/細川ガラシャ関係人名事典/細川ガラシャ関係史跡事典/細川ガラシャ年譜/細川ガラシャ主要参考文献
光秀の妻熈子と信長の妻濃姫に関する書籍
濃姫と熈子信長の妻と光秀の妻 信長の妻から光秀のもとに走る密使―。そして光秀は本能寺を目指した。天下をめぐる男の戦いの裏面に秘められた女の愛の葛藤。
宿曜師濃姫と信長 信長の正室・濃姫は、蝮の道三といわれた斎藤道三の娘。(光秀とはいとこ関係にあたる)道三の繰り広げた戦術、策謀をじかに見聞していたであろう。信長は濃姫を迎えてから、軍団の大将として合戦の指揮をとり始める。信長の軍師は濃姫だったのか?

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO